深センTongheテクノロジー株式会社

ホーム
製品
私達について
工場見学
品質コントロール
お問い合わせ
お問い合わせ
ホーム 製品Windows サーバー 2012 小売り箱

OEM Windows Server 2012標準小売、32 64ビットWindows 2012 R2標準小売

Win10とwin8.1私は売り手とすべての仕事の完璧な、良いコミュニケーションを購入し、出荷は速く、ありがとう。

—— アレクサンダー

クラウド経由のインストールData Packを使用したCOAステッカーは、このビジネスを簡単かつ低コストで促進するための最良の選択です。

—— エドウィン・カリタ

私は今すぐオンラインチャットです

OEM Windows Server 2012標準小売、32 64ビットWindows 2012 R2標準小売

中国 OEM Windows Server 2012標準小売、32 64ビットWindows 2012 R2標準小売 サプライヤー

大画像 :  OEM Windows Server 2012標準小売、32 64ビットWindows 2012 R2標準小売

商品の詳細:

ブランド名: Microsoft
証明: Microsoft Certificated
モデル番号: サーバー2012標準的なR2
Contact Now
詳細製品概要
メモリ: 512 MB プロセッサ: 1.4 GHz、x64
自由なディスク空間: 32 GB 製品名: 窓サーバー 2012 年
ビット: 32 ビット/64 ビット バージョン: OEM

Microsoft Windows OEMソフトウェアWindows Server 2012標準R2 32ビット/ 64ビット

要件:

Windows Server 2012の最小システム要件

プロセッサー 1.4 GHz、x64
メモリ 512 MB
空きディスク容量 32 GB(16 GB以上のRAMがある場合はさらに多くなります)

Windows Server 2012は、x64プロセッサでのみ動作します。 以前のバージョンとは異なり、Windows Server 2012はItaniumをサポートしていません。
Windows Server 2008およびWindows Server 2008 R2からのアップグレードはサポートされていますが、以前のリリースからのアップグレードはサポートされていません。

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012 R2は2013年10月18日にリリースされました。2013年6月3日にTechEd North Americaで公開されました。 2013年5月31日に公開されたWindows Server 2012 R2のデータシートによれば、このオペレーティングシステムには、Foundation、Essentials、Standard、Datacenterの4つのエディションがあります。 Windows Server 2012と同様、DatacenterとStandard Editionは機能が同一で、ライセンス(特に仮想インスタンスのライセンス)に基づいてのみ異なります。 Essentialsエディションには、DatacenterおよびStandard製品と同じ機能がありますが、いくつかの制限があります。
Windows Server 2012 R2の正式に指定された更新プログラムが、2014年4月にリリースされ、累積的なセキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラムおよび更新プログラムがリリースされました。
Windows Server 2012 R2は、Windows Server 2016に引き継がれています。

Windows Server 2012からの変更点

マイクロソフトでは、Windows Server 2012 R2に次の変更が導入されたことを確認しました。
自動階層化:ストレージ・スペースは最も頻繁にアクセスされるファイルを最速の物理メディアに保管します
VHDの重複排除:似たようなコンテンツを一度だけ保存することで、ほぼ同じ内容のVHDファイルの記憶領域を縮小します
Windows PowerShell v4には、Desired State Configuration(DSC)機能が含まれています
統合されたOffice 365サポート(Essentialsエディション)
表示されている開始ボタンを含むWindows 8.1からのユーザーインターフェイスの変更。
UEFIベースの仮想マシン
従来のサポートを最小限に抑えるため、ドライバエミュレータから合成ハードウェアドライバへのアップグレード
より速いVM展開(約半分)
インターネットインフォメーションサービス8.5:Windowsのイベントトレースへのロギングおよび要求/応答ヘッダーのログ機能をサポートしています。 スケーラビリティを向上させるために、IISが100以上のWebサイトで構成されている場合、既定ではIISが自動的に開始されません。 これと並行して、アイドルタイムアウト期間(デフォルトでは20分)でアイドル状態になっている場合、Windowsにプロセスをページアウトするように指示する、新しい「アイドルワーカープロセスページアウト」構成オプションがアプリケーションプールに追加されました。
サーバーメッセージブロック:パフォーマンスとイベントのログ品質の向上、SMBでのHyper-V Live Migrationのサポート、帯域幅の優先順位の管理、SMB 1.0のサポートを削除する機能。
Windows展開サービス:PowerShellを使用したWDSの管理をサポートします。
Windows Defenderは、Server Coreインストールで使用でき、既定でインストールされ、有効になっています。
IPアドレス管理(IPAM):役割ベースのアクセス制御をサポートするように拡張されているため、DHCP予約、スコープ、IPアドレスブロック、DNSリソースレコードなどの設定を表示または変更できる細かい制御が可能です。 System Center Virtual Machine Manager 2012 R2と統合して、物理環境と仮想環境の両方で調整されたIPポリシーを実現します。 IPAMデータベースは、Windows Internal Databaseの代わりにSQL Serverインスタンスに格納できます。
グループポリシーには、ドメインに参加したコンピュータがグループポリシー設定のコピーをクライアントコンピュータに格納するための新しい「ポリシーキャッシュ」設定があります。また、ドメインコントローラへのアクセスの速度によっては、待機時ではなく起動時のポリシーを使用しますポリシー設定をダウンロードする これにより、会社のネットワークから切断されたマシンの起動時間を向上させることができます。 SPDY / 3サポートの有効化/無効化、開始画面レイアウトの構成、Webページの電話番号の検出など、Windows 8.1およびInternet Explorer 11の新機能をカバーする新しいグループポリシー設定が追加されました。
TLSサポートは、セッションの有効期限が切れたために再接続する必要がある長期実行TLSセキュリティで保護された接続のパフォーマンスを向上させるRFC 5077「サーバー側の状態を持たないトランスポート層セキュリティ(TLS)セッション再開」をサポートするように拡張されています。
Hyper-V役割とHyper-V管理コンソールがEssentialsエディションに追加されました。

製品比較:

特徴 データセンター 標準
Windowsサーバーのコア機能
OSE / Hyper-Vコンテナ 一元的 2
Windowsサーバーコンテナ 一元的 一元的
ホストガーディアンサービス
ナノサーバー
ストレージスペースとストレージレプリカを含むストレージ機能
シールド付き仮想マシン
ネットワーキングスタック

ノート:
Windows Server 2008 R2および2012 DatacenterおよびWindows Server 2012 Standardにのみ適用されます。 他のエディションは少ないサポートしています。
ホスト自体を含む各仮想化パーティションは、最大64のプロセッサーを使用できます。
Windows Server 2012 StandardまたはDatacenterの各ライセンスでは、最大2つのプロセッサチップを使用できます。 Windows Server 2012 Standardの各ライセンスは、その物理サーバー上で最大2つのWindows Server 2012 Standardの仮想インスタンスを許可します。 Windows Server 2012 Standardのより多くの仮想インスタンスが必要な場合、Windows Server 2012の追加ライセンスごとに、物理サーバー自体にプロセッサチップ数のライセンスが十分にある場合でも、Windows Server 2012 Standardの仮想インスタンスを最大2つまで追加できます。 Windows Server 2012 Datacenterには、ライセンスサーバーごとの仮想インスタンスの数に制限がないため、Windows Server 2012 Datacenterの任意の数の仮想インスタンスに対して物理サーバーのライセンスが必要です。 プロセッサチップまたは仮想インスタンスの数が奇数である場合、必要なライセンス数は次の偶数と同じです。 たとえば、シングルプロセッサチップサーバーでは、サーバーが2プロセッサチップの場合と同じ5ライセンスのライセンスが必要で、5プロセッサチップサーバーの場合は6ライセンスの場合と同じ3ライセンスが必要です。 1つのサーバーに15の仮想インスタンスのWindows Server 2012 Standardが必要な場合は、最大16の仮想インスタンスをカバーできる8つのWindows Server 2012ライセンスが必要です(この例では、プロセッサのチップ数16を超えない)。
StandardおよびDatacenterエディションの場合、ソフトウェアにアクセスする各ユーザーまたはデバイスには、クライアントアクセスライセンス(CAL)が割り当てられている必要があります(ユーザー単位またはデバイス単位)。したがって、クライアントアクセス数サーバーソフトウェアを純粋に管理する2人までの同時ユーザーを除いて、または仮想化またはWebワークロードを実行するためのライセンス。 リモートデスクトップサービスでは、前述のCALとは別の追加のCALが必要です。
特定のサーバーの物理プロセッサーの数が64未満の場合、そのサーバーに割り当てられているライセンスの数によって制限が決まります。 その場合、物理プロセッサーの数は、サーバーに割り当てられたライセンス数の2倍を超えることはできません。

連絡先の詳細
Shenzhen Tonghe Technology Co., Ltd.

コンタクトパーソン: Sales Manager

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)